上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC Part4 選択肢速読テクニック

人気ブログランキングへ
↑ランキングを上げるクリックにご協力いただければ嬉しいです!


PartⅣ 説明文問題 30問

TOEIC Part4 攻略法 カテゴリー
TOEIC Part4 詳細
TOEIC Part4 文頭を聞き取る
TOEIC Part4 問題先読み
TOEIC Part4 先読みテクニック
TOEIC Part4 質問文の構造
TOEIC Part4 選択肢速読テクニック
TOEIC Part4 選択肢パターンか解説
TOEIC Part4 集中力UP方法



質問文の先読みが最重要POINTです。
質問文の意味を理解していないのに、選択肢には行かないでください

しかし!先読みの時間があまったら、当然選択肢にも目を通します。

その時重要なのが、 「選択肢速読テクニック!」

質問文編と一緒にマスターすれば、TOEICPart4苦手意識の克服につながります。

では、今回はポイントのみの記述します。

①選択肢のパターンを知ろう。
②よりシンプルに考える。
③長い文の選択肢は、5文型に沿って構造を見抜く。







次の日本語問題を見てください。


問題:ノリさんは昨日どこへ行きましたか?
(A) 図書館に行きました
(B) 駅に行きました
(C) 友人のパーティーに行きました
(D) 仕事の面接に行きました


この問題を先読みしたとき、自然とキーワードのみ取り除いたはずです。

「ノリどこ行った昨日、 図書館 駅 パーティー 面接」

と。

このように問題文をよりシンプルに考えるためには、

パターンを見抜き、不必要な単語を削除し、構造を取って理解する

そんな能力が必要になってきます。

しっかり公式問題集で実践を踏みながら、練習してきましょう。

TOEIC Part4 質問文の構造

人気ブログランキングへ
↑ランキングを上げるクリックにご協力いただければ嬉しいです!


PartⅣ 説明文問題 30問

TOEIC Part4 攻略法 カテゴリー
TOEIC Part4 詳細
TOEIC Part4 文頭を聞き取る
TOEIC Part4 問題先読み
TOEIC Part4 先読みテクニック
TOEIC Part4 質問文の構造
TOEIC Part4 選択肢速読テクニック
TOEIC Part4 選択肢パターンか解説
TOEIC Part4 集中力UP方法




Part2の記事を読んでいただくだけでも、
疑問文の基礎は理解していただけると思います。
まずはPart2の疑問文カテゴリーをしっかり読んで下さい。

TOEIC Part2 攻略法



TOEIC Part4の質問文は全て

疑問詞 助動詞(be動詞) 主語 動詞

の順番で構成されています。

Part2のように、間接疑問文や付加疑問文等の疑問文は存在しません。
yes / no で答えられる文は絶対出てこないのです。


下の疑問詞が必ず一番初めにきます。

what---なにが
who----だれが
when---いつ
where--どこで
which--どっちが
whom---だれが(whoと同じと考えて下さい)
how----どのようにして

この意味から捕らえてください。







では、下の文の分析を順番にしていきましょう。

When have Mr. Nori eaten dinner?

いつ

現在分詞だな

名前はNoriだな

動詞は食べた だな

晩御飯


この順番で解析してきましょう!

疑問詞 助動詞(be動詞) 主語 動詞

ですよ。

TOEIC Part4 先読みテクニック

人気ブログランキングへ
↑ランキングを上げるクリックにご協力いただければ嬉しいです!


PartⅣ 説明文問題 30問

TOEIC Part4 攻略法 カテゴリー
TOEIC Part4 詳細
TOEIC Part4 文頭を聞き取る
TOEIC Part4 問題先読み
TOEIC Part4 先読みテクニック
TOEIC Part4 質問文の構造
TOEIC Part4 選択肢速読テクニック
TOEIC Part4 選択肢パターンか解説
TOEIC Part4 集中力UP方法



前章でもお話した通り、Part4において 『問題先読み』 はとても重要です。
もはやリーディングと言っても過言ではないでしょう。

ではどうやって 先読みのスピード を上げるか??


ポイントは3つ


①英語順に文を訳す-----参照ブログ記事

②質問文の構造になれる

③お決まりの質問文は丸暗記


②③に関しては後日書くブログをみてください。







あと一つ重要なのが、 『選択肢は後回し!!』
最重要なのは質問文です!

なので、Part4時間の使い方は

一つ目の質問文
   ↓
二つ目の質問文
   ↓
三つ目の質問文    ↓
  選択肢(余裕があれば)

となります。


では、次は

②質問文の構造になれる

③お決まりの質問文は丸暗記

を読んで下さいね☆

TOEIC Part4 問題先読み

人気ブログランキングへ
↑ランキングを上げるクリックにご協力いただければ嬉しいです!


PartⅣ 説明文問題 30問

TOEIC Part4 攻略法 カテゴリー
TOEIC Part4 詳細
TOEIC Part4 文頭を聞き取る
TOEIC Part4 問題先読み
TOEIC Part4 先読みテクニック
TOEIC Part4 質問文の構造
TOEIC Part4 選択肢速読テクニック
TOEIC Part4 選択肢パターンか解説
TOEIC Part4 集中力UP方法



リスニングセクションでは、「聞き取る能力」 の他に、

すばやく文章を読む能力

が必要です(リスニングセクションのくせに)。

何故か??

Part3・Part4 では 先読み が非常に重要になってくるからです。
例えば、下記の文章を4秒間で理解してください。


Why is the man NOT able to buy The Business News? A) The magazines have all been sold already. B) The truck was delayed because of the weather. C) The store is closed on Mondays. D) The delivery schedule has been changed.





4秒間で理解できましたか?
もし理解せず会話が始まったら、その問題は解けません。
他の問題を救済する為にも、その問題は切りましょう。


理由① 会話終了時読み返しても、会話の細かい内容は忘れている
理由② 聞きながら読む方法は、一瞬の集中力に欠けるので、絶対しない


『解けるかもしれない!』 と思い引きずっていると、
全ての問題について行けなくなり、確実に点数が落ちますよ。

たとえもう一度読み返して解けたとしても、
次の問題にかける時間が減り、次を間違えるだけです。
それなら解ける可能性が低い問題は 『斬る!!』

高得点を狙うには度胸も重要です!

TOEIC Part4 文頭を聞き取る

人気ブログランキングへ
↑ランキングを上げるクリックにご協力いただければ嬉しいです!


PartⅣ 説明文問題 30問

TOEIC Part4 攻略法 カテゴリー
TOEIC Part4 詳細
TOEIC Part4 文頭を聞き取る
TOEIC Part4 問題先読み
TOEIC Part4 先読みテクニック
TOEIC Part4 質問文の構造
TOEIC Part4 選択肢速読テクニック
TOEIC Part4 選択肢パターンか解説
TOEIC Part4 集中力UP方法



TOEIC Part4 では、Part3同様問題先読みが重要になります。
問題先読みの特性はPart3と変わらないので、そちらを参考してください。

Part3問題先読み No:1
Part3問題先読み No:2

文が読まれる前に、

①質問文の先読み
②文の内容を推測
③選択肢の先読み
④文を聞く


この順序は変わりません。
しかしPart4では、最大のヒントが文頭に出てきます。


Questions 71 to 73 refer to the following
と必ず読まれるのです。

この『~』の部分を必ず聞き取ってください。
だって何の文が読まれるか話してるのですから。





の部分は以下のものがよく入ります。

Announcement (どこかのアナウンス、空港が比較的多い)
Introduction (誰かの紹介・表彰 が多い)
News report (TVやラジオでのニュース)
Advertisement(広告 テンションが高いのが特徴)
Talk (表彰や変更などが多い)
Short takl (表彰や変更などが多い)
Report (依頼の結果などが多い)
Message (留守番電話などが多い)


質問文先読みと、この部分で文を大体予測し、
より聞き取りやすくなります。

ぜひ公式問題集で練習してください。
必須アイテム!【公式問題集】

これ買わないと勉強は始りません!
もってなければ今すぐ買おう!
いつも来てくれてありがとー!
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。